プロダクト北海道 株式会社|公式サイト

食卓を支える流通を|株式会社プロダクト北海道公式サイト

札幌市中央区北1条西10丁目1番地4 サンマウンテンビル6F|TEL.011-204-6020

会社概要

会社案内

会社概要

アクセスMAP

採用情報

運輸安全マネジメント

リンク

税理士法人 加藤会計事務所

会社概要

商   号 株式会社プロダクト北海道
所 在 地 【 本 社 】
札幌市中央区北1条西10丁目1番地4 サンマウンテンビル6F
TEL 011-204-6020 FAX 011-209-1744
設立年月日 1979年9月3日
資 本 金 28,000,000円
役   員 代表取締役 / 荒谷 治
常務取締役 / 三浦 英俊
取 締 役 / 荒谷 ハル
取 締 役 / 荒谷 裕美
取 締 役 / 荒谷 泰治
取 締 役 / 辻谷 和治
従 業 員 40名(パート含む)
事業内容 【 食料品の卸及び販売 】
■ 牛乳・乳製品販売
■ ボトルドウォーターアクアクララ製品販売
■ 春雪さぶーる・千歳ハム畜肉加工品販売
【 貨物利用運送業 】
【 前各号に附帯する一切の業務 】
取引銀行 北洋銀行新琴似支店、三菱東京UFJ銀行札幌支店、北海道銀行麻生支店、商工中金札幌支店
関連会社 (株)アクアクララプロダクト
札幌市中央区北1条西10丁目1番地4 サンマウンテンビル6F
主要取引先 生活協同組合コープさっぽろ、株式会社ホクノー、札幌大蔵学園、株式会社耕人舎、株式会社LEOC、株式会社津司、美鈴商事、日清医療食品株式会社、道央青果協同組合、全日本食品株式会社、官公庁、JTB、イトーヨーカ堂、ヨシケイ開発株式会社
他約400社(順不同)
主要仕入先 よつ葉乳業株式会社、春雪さぶーる株式会社、株式会社アクアクララプロダクト、北海道千歳ハム株式会社(順不同)

沿革

昭和54年 9月 3日 よつ葉乳業株式会社の製品を扱う販売会社として資本金300万円で有限会社北海道グリーン食品販売を設立。本社を札幌市東区苗穂町11丁目3番36号よつ葉乳業札幌営業所内とした。
平成 3年 3月19日 資本金を1000万円に増資し、株式会社北海道グリーン食品販売に改組。
平成 9年10月30日 第一種利用運送の認可を受ける。
平成11年 1月25日 一般貨物自動車運送事業の認可を受け、よつ葉乳業株式会社の輸送及び生活協同組合コープさっぽろの協同購入戸配委託事業に参入。
平成16年 4月21日 子会社 株式会社アクアクララプロダクトを設立。
平成16年 9月 1日 社名を『株式会社プロダクト北海道』に変更。
平成19年 10月25日 資本金を2300万円に増資。
平成20年 7月14日 札幌市北区北30条西5丁目1番26号に本社を移転。
平成26年 3月16日 札幌市中央区北1条西10丁目1番地4に本社を移転。
平成27年 9月12日 サブウェイ 大通ル・トロワ店オープン
平成28年 5月 1日 サブウェイ イオンモール札幌苗穂店買収
平成29年 8月20日 生活協同組合コープさっぽろとの契約満了により協同購入戸配委託事業廃止
平成30年 11月20日 サブウェイ イオンモール札幌苗穂店 閉店
平成31年 3月20日 資本金を2800万円に増資

組織図

※平成27年9月現在

輸送安全マネジメント

【 わが社の事故防止のための安全方針 】

『輸送の安全こそ最大の顧客満足』

【 社内への周知方法 】

①『安全方針』を営業所内に掲示します ②点呼時の唱和を徹底します

【 安全方針に基づく目標 】

平成26年度目標『人身事故ゼロをやり通そう』『車両事故年間3件以下』

【 目標達成のための計画 】

平成26年度計画
『安全運転講習』『ヒヤリハット体験報告会を計画する』
『デジタルタコグラフ装着車による運転実績の確認・指導』

【 わが社の安全に関する情報交換方法 】

社長は従業員と安全に関する意見交換を定期的に行ない、安全意識の向上に努めます。
■ 年2回、運転者との輸送の安全に関する意見交換を開催する。

【 わが社の安全に関する反省事項 】

平成26年度の内部チェックは平成25年10月を予定。
■ チェックにより把握した問題等の結果は後日、営業所内に掲示する

【 反省事項に対する改善方法 】

平成26年度の内部チェックにより把握した問題点の改善方法を、後日営業所に掲示する。